hapeace 2007 水辺のコンサート

コンサート 元安川親水テラス 水辺風景 (8月4日)

「みんなで歌おう」・・・「BELIEVE」「故郷」「折り鶴」

この日この場所で歌いたい歌を多数お寄せくださりありがとうございました。上記3点を希望多数により選びました。

その他の希望曲「ともだちになるために」「世界中のこどもたちが」「許すまじ原爆を」「翼をひろげて」「千の風になって」「手のひらを太陽に」「幸せなら手をたたこう」「世界にひとつだけの花」「涙そうそう」「見上げてごらん夜の星を」「今日の日はさようなら」「夾竹桃の子守唄」「翼をください」「広島平和の歌」「アオギリのうた」ほか

「事務局へのお便り」より

この度もハピースコンサートにお声をかけていただきありがとうございました。天候が気になったとはいえ、やはり野外コンサートは格別でした。屋内では得られない解放感・・・。通りすがりの外国の方々でも耳をかたむけ参加できる気楽さ・・・。飲食もよし、おしゃべりもよし、移動も良し、ビデオ&カメラの撮影も良し、うちわぱたぱたでも良しなどとにかく何にも規制がないのがうれしい。

毎回趣向を変えられるので毎回驚き楽しませていただいております。

私事ですが、ジュニアオケの演奏が終わり暗くなった時、ライトアップされた原爆ドームをバックにピースライトを手に持ちはしゃぐ子供達を見ていると、なんだか夢のような出来事のようなとても不思議な気持ちになりました。広島で生まれ育った私は幼い頃 両親とはとのえさやりしたさに、噴水見たさによく平和公園を訪れていたことを思い出しました。そしてあの頃私の両親が、今の私が子ども達を見つめるのと同じ眼差しで私を見ていたことに気がつきました。私は永遠に愛されてそして永遠に子ども達を愛していくのだろうと実感しました。今 私の両親は肉体を持ってはいませんが、あの時確かにそばにいたように思います。

これまでいくつものコンサートにいきましたがこんな不思議な体験をしたことはありません。先日のコンサートで感じたことを書かせていただきましたが、お気に召しませんでしたらお許し下さいませ。(抜粋)

2007.8.8 H.Y.様より

「みんなでうたいましょう」ではお客さんも出演者もいっしょに歌って、心が1つになり良かったです。コンサートは夜で暗かったので、広島ジュニアオーケストラの友達3人と歌の本をピースライトで照らしながら歌い、とてもおもしろかったです。昨年のようにおどりがあったらいいと思いました。コンサートに参加させて下さって本当にありがとうございました。来年もできたら参加したいです。参加できなかったら、聞きに行きたいです。(抜粋)

2007.8.8 H.M.ちゃんより

お便りありがとうございました。